ugle Mad(キャンディ)/nørregade(デンマーク)

イメージ 1

人と接するの、めんどくさい?
や、大丈夫よ。

朝ですね。うーん梅雨らしく霧雨か。室温23度。涼しくはあるな。
我が社に一足早いお中元が届いた。ビワだ。
箱を開けると目を見張った。いっぱい入ってる!(ガッツポーズ)
そうなのだ、何年か前(ていうか、一昨年)に
すごいデカイ(立派な)ビワが送られて来た時があったのだが、
その時は ”デカイ=数は少ないよ!” ということで私のところまで回ってこなかったのだ。
そう、私にとっては "にらみビワ" な訳だ。や、別にビワを肴に何する訳でもないが。
で、去年、うん、去年はたしか1つ貰った。
デカイビワがこんなに肉厚なのか、とびっくりした記憶だ。
で、今年。小振りだ。だが、数はダントツ。
社長も毎朝10個ずつ食べてた。
「まだまだ食べれるけど、これでカンベンしてやろう」とご満悦だ。
社長妻も、皮を剥きながら、お尻の所を取るのがコツよ?とおいしく食べる剥き方を伝授してくれる。
しかも、「あっ」と言いながら1つ食べて、私の分け前11個分の中の1つをかすめ取った(笑)
なので、今回は10個を貰浮ことが出来た。や、厳密に言うと、届いた日に2個貰ったから12個だ。

食べ物はみんなを幸せにしてくれるよな。

あざす社長。そして、あざすビワをくれた人よ。

あ、そうそう、ビワね、お尻の所が甘いんだね(あ、果物は何でもそうか?)


おやつ

『ugle Mad(キャンディ)/nørregadeデンマーク)』


これな。はっはっはっはっは。
フクロウ形のキャンディなんだわ。うん。社長が買ってくれたんだわ。
こないだの合宿の時に私が飴を肌身離さず持っててさ、寝る時も枕元に置くという周到ぶり。
なもんだから、買ってくれた。
だが、これは普通の飴にならず。っていうか、社長は知ってて買ったのだろうか?
や、もちろん、せっかくデンマークに来たのだから、デンマークらしいのを買ってくれて嬉しいのよ?

でも、でも…食べれねえ(涙目)

ほら、パッケージでもチビのフクロウが火を噴いてるじゃん?
えっと、いろんな色の飴が入ってるの。色によって味が違う訳さ。
イチゴだったり、レモンだったりオレンジだったり…普通でしょ?
あと、アニスだったり、キャラメルだったり…サルミアッキだったり。

うん、このサルミアッキというのが、なんというか、北欧のね、独特なね、味なのね?
ちなみに、黒い飴だ。ちなみに成分は、塩化アンモニウム(とリコリス)。
うん、この黒いのさえ食べなければと思った。だが、甘い。考えが甘い。
全ての飴にこのサルミアッキパウダーが入ってるのだ。
一瞬、何がなんだか分からなくなるのよ?口の中で何が起こったのか分からないの。

で、もっと悲しい事に、飴を持ち歩いてたら、飴が割れちゃって、中のパウダーが大暴れ、
もうね、飴の中だけじゃなくて、外にもまぶされちゃって、もう、涙目よ。

私、食べ物は粗末にしない正確なのだが、この飴だけは…ムリ(です)

もう、イチゴとか、レモンとか、飴のフレーバーの問題ではない。
この塩化アンモニウム。あぁ。

あ~ざ~す~~~社長(涙)