旅まくら、スーパーカップミニ(日本酒レーズン)、吉野のくずもち




朝6時半です、室温21度、心地よい気温。昨日は1日中ほぼほぼ雨でした。午前中は父と買い物に行った。パンコーナーのところで父がニコニコして立っていた。そう、手にはパンの耳の大袋を持っている。これ買っちゃうともう、父は1日中パンの耳を焼いて食べちゃうのだが、まぁ買いましたよ。嬉しそうなんですもんよ。もちろん家に帰ったら即座に焼いていましたよ。とりあえず1枚だけにしてもらい、お昼ご飯にした。ご飯は炊いていたので、納豆ときめじのお刺身だ。あとは常備菜の残りをさらった。午後はきめじをづけにして、鳥手羽と大根の煮物を作った。雨の合間を縫って父と散歩にも行った。母の部屋にダニアーススプレーをして掃除機をかけた。父から一瞬便漏のニオイがしたが、一瞬だけだった。オナラ?母が言うにはオナラとのニオイの違いは完全に違うらしい。ならばこのニオイオナラではないやつなのだが、はて?父が席を立った時に被曝度を確かめたがセーフ。父の後ろに立ってみたがまぁセーフ。一応さりげない感じでクンクンしている。で、まぁ、昨日1日はセーフの日だった。晩ご飯の鳥手羽大根、肌寒い日だったので両親にも好評でした。父は大袈裟に喜んでくれた。骨つきの肉がお箸でほろほろと崩れる様は嬉しいみたいだ。おやつ食べました。残っていた旅枕を1つ。相変わらず美味しい。そして大河ドラマを見ながらスーパーカップミニのチョコクッキーに日本酒レーズンを添えて食べた。日本酒漬けだとラムよりもあっさりした仕上がりになるのね。それにしてもスーパーカップのチョコクッキー自体があっさり目に感じたのはゴディバのソフトの余韻か?で、寝る前に吉野の葛餅の柚子蜜も食べてしまった。もっちり。